18歳人口統計に見る美大受験(この記事からお読みください)

美大受験の全体像を理解するために、まずは、1960年から2015年までの18歳人口(=大学受験者の基礎数)の統計グラフを見てみましょう。
こちらは、文部科学省がウェブ上で公表している教育に関する基礎データをもとに作成したグラフです。それでは、注目すべきポイントを時代順に追っていきます。
まずは、1960年台半ば。この頃日本の18歳人口は最大のピークを迎え、「250万人」となっています。これは、いわゆる第一次ベビーブーム(1947-49年)に出生した「団塊の世代」が18歳になった時期となっています。
この時期は、高校卒業者の数が急激に増えた時期でもあり、また、大学入学者の数が急激な上昇方向に転じるきっかけともなったようすが伺えます。
次は、1990年代初頭、18歳人口は「205万人」となっています。これは、いわゆる第二次ベビーブーム(1971-74年)に出生した「団塊ジュニア世代」が18歳になった時期です。
高校卒業者の数はこの時期に最大のピークを迎え、この後にやはり大学入学者の数が上昇をしています。なお、この世代は大学を卒業した時点で、「就職氷河期」に直面した世代でもあります。
さて、そして現在(2016-2020年)。多少の差はあるものの、18歳人口は「120万人」となっています。つまり、大学受験を志す年代は「50年前の50%程度」、「25年前の60%程度」となっているのです。
これが、「少子化」の現状でもあります。なお、この先の18歳人口の統計的な予想としては、2030年ごろ(15年後)には「100万人程度」になると見込まれています。
「子供の数が減っている」という現実は、統計データに如実に表れています。そして少子化は、この20年間で美大受験のあり方を決定的に変えてしまいました。
「美大受験 保護者の心構え」では、美大受験を志す保護者の方が理解しておくべき美大受験の現状と今後の方向性について、客観的な統計データに基づいて一つ一つ根拠を示しながらご説明をいたします。

保護者の心構え1

  • 少子化が大学受験のあり方を大きく変えた。自分達が受験した頃のやり方を時代に合わせて修正することが大事。