テクニックでは勝負はつかない3

現在の美大受験生で合格・不合格の差は、どこでついているのか?実は、それは20年前同様、やはり「個性」「独創性」なのです。
受験対策の短期間化によってテクニック面で低くならざるをえない現在は、「個性」「独創性」で「テクニックの低さをカバーできるかどうか」が勝負のポイントとなっているのです。
20年前は前述の通り、「高いテクニック」を土台とした「個性」「独創性」だったので、そこは大きな違いといえます。しかし、「個性」「独創性」の重要性という意味では、現在も変わってはいないのです。
当塾では個別指導を前提として集団指導を実施していませんが、その理由は、この「個性」「独創性」の重要性に気づいているからです。
大勢の中で受験対策する集団指導では、どうしても「個性」「独創性」に「均質化」が起こってしまいます。「個性」「独創性」の内容を作品を通して他の受験生に見られてしまうので、他の受験生がそれを真似ることができてしまいます。
また、美大予備校によっては「教室内の全員に同じような絵を描かせる」タイプの受験対策をしているところがあります。そのやり方だと、結局は一番テクニックがある受験生の一人勝ちとなってしまいます。つまり、長い受験対策をしてきた浪人生が圧倒的有利になってしまうのです。
だから、当塾では集団指導のやり方をとっていません。1対1での個別指導を前提として、入試で大きく差をつける要素である「個性」「独創性」が他の受験生に漏れないように守っているのです。
特に、「個性」「独創性」が重要視されるのは、推薦入試・帰国生入試・編入学試験・大学院入試のいわゆる「特別入試」です。当塾で「個性」「独創性」を重視する受験対策した受験生は、特別入試での合格率は非常に高くなります。
実際、当塾で受験対策した受験生は、特別入試の面接で意地悪な質問をされないという特徴があります。突出した「個性」「独創性」を掘り起こした作品制作を行って出願書類やポートフォリオにも手を抜かない姿勢が目立った印象を与え、すんなり合格しているといるでしょう。
ちなみに、その「個性」「独創性」の元となる部分は、皆さんのお子様の中に眠っています。「個性」「独創性」の元となる部分を掘り起こして突出した「個性」「独創性」まで育て上げることができるかどうかが、合格のカギとなっているのです。
だから、「なぜ、美大に行きたいのか」というモチベーションは非常に大切。そのきっかけとなる体験や考え方が、美大合格というゴールに至る道の第一歩目となるのです。
2浪・3浪当たり前といわれた20年前の頃。しかし、現在同じように2浪・3浪して高いテクニックを身につけるというのは現実的なやり方とはいえません。だからやはり、「テクニックでは勝負はつかない」のです。
さて、それでは、次の記事では現在の美大受験生にとって何よりも大切な「個性」「独創性」について考えていきたいと思います。

美大受験の心構え5

  • テクニックでは勝負はつかない。2浪・3浪するわけにもいかない。だから、「個性」「独創性」で勝負をかける。それが現実的な選択。