テクニックでは勝負はつかない2

さて、それでは20年前と現在との比較です。「テクニックでは勝負はつかない」の表す意味がこの20年で大きく変わってしまいました。
20年前は、「2浪・3浪当たり前」の時代でした。それに対して、現在の美大合格者のほとんどは「現役生・1浪生」。これが、大きな変化をもたらしました。
テクニックというものは長期間やっていればやっているだけ身につくもの。2浪3浪するということは4年近く美大受験対策するということなので、20年前の合格者層は非常に高度な満点レベルのテクニックを持っていることが当たり前だったのです。
こうなってくると、ただ単に高度なテクニックを持っているというだけでは、受験生に差がつかなくなります。それでは、ほとんど差がなくなった状態で、どのように合格不合格が分かれたのでしょうか?
それは、「個性」「独創性」です。つまり、4年近くにわたる長期の受験対策の中で、それぞれの受験生が必然的に「高度なテクニックに裏打ちされた個性・独創性」を模索していたのです。
だから、20年前の美大受験セオリーは、「まずは高度なテクニックが当たり前の状態になるまでとにかく長期に受験対策する。そして、その間に長期間かけて自らの個性や独創性を模索する」だったといえるでしょう。
それに対して、現在は状況が大きく変わってしまいました。少子化その他の要因で「現役生・1浪生」が現在の合格者層のほとんどとなった今、「長期間で身につけられる高度な満点レベルのテクニック」はほぼ存在しなくなったのです。
結果として、美大受験生のテクニックには大きくばらつきが出るようになってしまいました。しかも、大して高くはないレベルの中で、です。
現在美大で教授をされている方々が美大受験生だった頃のレベルを「100点」とすれば、現在の美大受験生のテクニックのレベルは、ほとんどの場合「25点〜50点程度」でしかありません。1年未満〜2年未満の受験対策で身につくのは、せいぜいその程度のレベルなのです。
100点満点レベルの人間から見て、25点〜50点レベルの競い合いに、大きな「差」を感じると思いますか?
現在美大で教授をされている方々から見ると、現在の美大受験生のテクニックレベルには大きな「差」を感じてはいないのです。だから、それが現在の美大受験でいう「テクニックでは勝負はつかない」の意味となっているのです。
それなら、どこで「差」がついているのか?当塾の個別指導では注目し、指導方法に活かすことで高い合格率を実現しているポイントがちゃんとあるのです。

美大受験の心構え4

  • 「テクニックでは勝負はつかない」。受験対策期間の短期化によって、テクニック面で大きく差をつけることは困難。だから、別の方法で他の受験生との「差別化」を図り、合格を狙う必要がある。